雁ヶ音 100g KC-01

518円(税38円)

文字通り、茶の樹の茎の部分でつくられる「茎茶」。
この茶には「雁が音」(かりがね)という綺麗な別名があります。
雁が音というのは渡り鳥の雁(がん)の鳴き声のこと。
雁は北方からはるばる海を超えて日本に来る際、波の上で羽を休めるための小枝をもって旅をするといわれます。春が来て北へ戻るときに再びその枝をもって発つのですが、日本で命を終えた雁の枝はそのまま浜に残されます。茎茶の見た目がその小枝に似ていることから「雁が音」と名付けられたというのは、真偽はどうあれ美しい話です。
葉に比べるとあっさりしていていますが、香りも甘みも程よく後味もさっぱり。
価格も安く淹れ方も簡単な、気軽でおいしいお茶ですよ。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。