お茶は単品でもおいしいですが、何かと一緒に飲むことでより楽しみが深まることはご存知でしょうか。のどを潤すためから風味を楽しむように変わり、さらにお茶の魅力をもっと引き出してくれるペアリングを考え始めると楽しみ方はぐっと広がります。飲んだ瞬間にぱっと思い浮かぶものは今まで自分が出会ったものだけなので、もっと知らない組み合わせもあるのかと思うと可能性は無限大です。

ペアリング第二弾、今回は「米」と一緒に楽しんでいただきたいお茶の特集です。
5月からちょうど新茶のシーズンでもあるということで、今回ご紹介する中にも早速登場しています。季節を感じる一杯を美味しい食べ物と一緒にぜひお楽しみください。
(小野更紗/コノハト茶葉店)




紅茶はパンとの組み合わせの方が想像がつきやすいかもしれませんが、こちらはぜひ米と合わせてみてほしい紅茶です。青々しく繊細な春の紅茶は、お茶漬けや海苔を巻いたおにぎりと一緒に味わいたくなります。ネパールから届いたばかりの新茶です。




浅い発酵で仕上げた透明感ある高山茶。こちらは同じおにぎりでも塩むすびがおすすめです。お米の甘みと阿里山茶の甘み、二つの優しい甘みをじっくりとご堪能ください。




お供の味が少し濃くてもあっさりでも合わせられるのが玄米茶です。米とお茶の組み合わせの王道とも呼べる玄米茶とのペアリングに皆さんなら何を選びますか。私は土鍋で炊いた白米や石焼ビビンバのおこげと合わせたいと思います。

 


美味しいものに出会えると、生きててよかった〜と脳が叫びます。和食、中華、フレンチ、イタリアンなど様々な料理の中で好物と呼べるものとは別に、自分の心が落ち着く魂の拠り所みたいな存在が私の場合「白米・味噌汁・日本茶」の3コンボです。素朴な味がじんわりと優しく広がり、自分自身で気づいていなかった疲れまで労わってくれている気持ちになります。このトリオを食す時はほぼ無心です。何も考えずじっくり味わい、最後に日本茶を飲んだところでようやく一息ついて、全身が満たされている感覚に幸せだなあと感じます。この幸せを現代まで繋いでくれている方々に感謝です。

 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。